読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣のハットさん!

ニッポンらぶなハット家のお騒がせ奮闘記 in Canada!!

次はあなたかもしれないオーバーブッキング

話題

まだまだ毎日のように世間を賑わせているユナイテッド航空の乗客強制降機とオーバーブッキング。もし私がこの乗客と同じ立場だったら、きっと抗議するだけして自ら降機するだろう。だが私の抗議はどこにも伝わらず、アメリカで年間40万人とも言われる、搭乗便変更を余儀なくされた一人となっていたことだろう。この米国医師の男性は体を張って抗議し、他の乗客たちが動画を撮っていたことで瞬く間に世界中が知ることになった。この男性があそこまで騒ぐ必要があったのか、オーバーブッキングしたユナイテッドの対処方法と警察官による乗客の扱いは適確だったのか、など考えさせられるところが多い出来事だったが、実際「搭乗できないかもしれない」と言われるのは予想以上に心を乱されるものだ。

彼此16年程前、私と夫はアメリカ経由でカナダの実家に帰ったことがある。この空港を利用するのは初めてだったのだが、空港で働く人の無礼さに驚いたものだ。言葉遣いから、態度まで何を取っても最悪だった。移民らしい入国審査官は英語のなまりが強く、ネイティブの夫ですら何を言っているか聞き取れないし、夫の言ってることも通じない。それは仕方ないとしても、態度のデカさまでピカイチで一体何様のつもりなのだろう、と驚いた。日本ではあまり遭遇しない種の人間にかなりカルチャーショックを受けたのを覚えている。問題はカナダから日本に帰国するときに起こった。72時間前までにリコンファーム(予約の再確認)の電話を入れ、当日搭乗口に行くと「オーバーブッキングで搭乗できないかもしれない」と言われた。この時点で補償や搭乗便変更の提示などは何もなく出発ギリギリまで待たされた。他の乗客が搭乗後、座席が確保できたので搭乗してくれと言われ乗り込むと、客室乗務員に「別々の席になる」と言われた。搭乗前に席が離ればなれになることには一言も触れず、乗ってから言うという卑劣なやり方にかなり腹が立ち、夫と抗議したがその2席しか空いていないと言うばかりで、ここでも上から目線。近い席ならまだしもかなり離れた席だった。有難いことに私たちに充てがわれた一席の内の隣に座っていた男性が席を移ると手を上げてくれた。私たちはこの男性にお礼を言い、無事予定通りの便で日本に帰国したのだが、他の乗客たちの前で抗議しなければいけない状況を作った航空会社にかなり腹が立ったし、かなり後味も悪かった。悲しいことに私たちの抗議は彼らにとって痛くも痒くもないのが現実だということ。

この出来事以来、どんなにチケットが安くても2度とアメリカの空港とアメリカの航空会社を利用しないと誓った私たち(日本ーカナダ間で。)今回の強制降機のニュースで知ったのだが、16年前私たちが利用した航空会社はユナイテッド航空に統合されていた。今回の出来事が妙に納得できる。

キャッシュアウト、日本のスーパーなどのレジで出金可能になる!?

ライフスタイル

アメリカでデビットカードが普及し始めたのがいつ頃だったのかはわからないが、私がアメリカに留学していた20年以上前にはすでにデビトッカードは存在していた。実際私も使っていたし。でも当時はまだまだチェックブック(小切手)の方が主流だったかもしれない。

カナダでもデビットカード決済可能なお店が1990年代後半は50%程だったのに対し、2009年には99%まで拡大されている。現在は現金よりデビットカードでの取引の方が多く、現金社会は完全に薄れつつある。デビットカードの良いところは、現金がなくても銀行に行くことなく買い物ができるし、お店の多くは端末にカードをタップするだけなので支払いに手間がかからなくて良い。(これはお店がタップできる端末を導入している場合と、購入総額が$100以内の場合である。)タップできない端末や$100以上の購入の場合は、端末にカードを挿入し暗証番号を入力する。クレジットカードと同じ要領だ。

今日の日本のニュースで話題になっていた新しいサービス「キャッシュアウト」は、スーパーなどのレジでデビットカードを使い預金を引き出す新サービスだ。日本でもデビットカードはすでに普及しているが、北米ほどではない。まだまだ現金とクレジットカードが強い気がする。この新サービス「キャッシュアウト」は来年の4月より始まるらしいが、果たして日本でこのサービスを使う人はどれだけいるのだろうか。正直カナダでも「キャッシュアウト」をしている人はたまにしか見かけない。前にも述べたように現金がなくてもデビットカードで十分やっていけるからだろう。今私の財布には小銭が$1ちょっとしか入っていない。日本円にして100円ほど。しかもこの2週間ほど財布の中身は同じ(笑)現金を使わないから現金は必要ない。なのでキャッシュアウトサービスを使う必要もない。もし何かで現金が必要になれば自分の使っている銀行のATMで下ろせば手数料もかからない。急に現金が必要になり、しかも銀行が遠いとかでない限り、このキャッシュアウトのニーズがあるのかがイマイチ不明だ。

もしキャッシュアウトサービスを使用するなら、レジが混雑するのでは?という意見もちらほら見られたが、それはあまり心配しなくても良いと思う。それより現金で代金をきっちり払う人の方がよっぽど時間がかかる。キャッシュアウトするにはデビットカードを端末に挿入し暗証番号を入力する。その後キャッシュアウト希望のボタンを押し、金額を選べば良い。この簡単なステップだけで、買い物の代金を支払い、レシートと一緒に現金を手渡される。もちろん買い物代金と引き出した金額は即座に口座から引き落とされるようになっている。便利といえば便利だ。ただ実際使用するかはどうかは、やはり緊急性と利便性の高さによるのではないだろうか。日本より遥かにデビットカードが普及しているカナダでさえ、キャッシュアウトの需要はそこまで高くない。日本はキャッシュアウトよりまずはデビットカードの普及にもっと力を入れたほうが良い気もする。

 

野武士のグルメ・Samurai Gourmetのドラマ版を見てみた

ライフスタイル

つい最近「野武士」という言葉を初めて聞いた。恥ずかしいことに、最初は「のぶし」と読むのか「やぶし」と読むのかすら分からなかった。初めて聞いた言葉なのでもちろん意味もよくわからない。「武士の種類?」くらいの見当はつくが、気になったので調べてみた。

野武士(のぶし)

  • 山野に潜伏し物資を略奪する武装集団(現代でいう路地裏に潜むギャング?)
  • 主君を持たない武士(江戸時代の浪人と同じかな?)
  • 戦の時には臨時の傭兵として参加(ようするにアルバイトの武士?)

これじゃあ野武士に対してあまり良いイメージは湧いてこない。

この言葉を初めて耳にしたのは、現在Netflixで配信されている「野武士のグルメ」を見たからである。このドラマ、定年退職してお金にも時間にも余裕ができた男が、自分の好きなものを好きな時に食べるという至ってシンプルなグルメドラマなのだが、出てくる料理がこれまた食欲をそそる。カナダに住むハット家にとって、この食欲を刺激するドラマは正に拷問そのものである。どれもザ・ニッポンな料理。毎エピソードごとに「日本に帰りたい」とへこんでいく私たちを想像していただけるだろうか。

話は戻り... 定年退職をした主人公の男は、「会社」という主君に仕えることがなくなり、またうわべだけの体裁も捨てていく様を「野武士」と絡めているのだろうと推測できるのだが、なぜ英語のタイトルを「Samurai Gourmet」にしたのだろう。侍はどちらかというと野武士より気高いイメージがある。実際に侍の意味を調べてみると、

侍(さむらい)

  • 武芸をもって貴族や武家に仕えた者の称 
  • 平安中期ごろから宮中や院を警固する者をいうようになり、鎌倉・室町時代には凡下 (ぼんげ) (庶民)と区別される上級武士をさした

となっている。(デジタル大辞泉より)

もしお侍さんが野武士と一緒にされたことを知ったら、きっと憤慨するんじゃないだろうか?「浪人」の方がどちらも主君を持たないという点において野武士には近い気がするし、「Ronin」という言葉は海外でも結構認知度は高いと思う。まあ「Ronin Gourmet」より「Samurai Gourmet」の方が響きが良いからと言われたらそこまでだが。

この「 Samurai Gourmet」はカナダでも見ている人が多いことに驚いた。このドラマを教えてもらったのもカナダ人からだし、その他にも知り合い何人かが見ていると言っていた。皆カナダ人だが日本に興味を持っている人が多い。吹き替えではなく字幕なので、日本語の勉強に良いらしい。進行も話し方もゆっくりなのが良いと友人は言っていた。料理はもちろん、街中の風景や飲食店の雰囲気は、海外に住む者にとっては特にボーナス特典だ。ただの住宅街の一角ですら追想にふけってしまう。

もともとエッセイだったのが漫画化され、ドラマ化されたらしいが、日本好きな外国人、海外在住の方には視覚効果が強いドラマ版をオススメしたい。

 

その不調はグルテンかもしれない!あなたがよく食べるそれにもグルテンは含まれている!!

グルテンフリー編

グルテンフリーを実行する前は、しょっ中お腹の膨満感と痛みに悩まされていた私。普段はマジメにグルテンフリーを実践しているのだが、時々どうしてもケーキやドーナツ(グルテンフリーじゃないふわふわの美味しいやつ!)が食べたくなったり、知り合いのお家で夕食をご馳走になったりするとグルテンを摂取してしまう。しばらくぶりにグルテンを摂取しても少量だと意外に平気なことが多いので、私の場合ある程度グルテンが体内に取り入れられると症状が出るらしい。溝口徹先生の著書の中にも、自分の不調がグルテンのせいかどうかを見極めるには、小麦をまず『2週間抜いてみる』とあるので、2、3日食べなかったからといって体調が良くなるわけでもなさそうだ。

一旦体からグルテンが抜け、次に許容量以上のグルテンが体内に入ると体には色々な不調が現われる。私によく起こる症状の1つは口内炎だ。その他に便秘、頭痛、ハンパない疲労感。でもこれらは意外と我慢ができるので、きっとこれだけの症状なら大好きなパンやケーキを諦めてまでグルテンフリーにはならなかっただろう。

先日友人宅のホームパーティーに呼ばれ、そこでグラタンと餃子とデザートにパイを食べた。カナダ在住歴30年以上の日本のおばちゃんが作ってくれたもので、日本のグラタンと餃子という誘惑に負けてしまった。サラダ(ドレッシングにグルテン含)や煮物(醤油にグルテン含)くらいなら許容範囲内だったのだが、さすがにグラタンと餃子は小麦粉をたっぷり使っているのでやはり2日後に撃沈(涙)今回は珍しく腹痛。膨満感からくる腹痛ではなく、下痢の時の痛みに近い。下痢をしていないだけが救いだ。私の場合、消化器官に症状が現れることも多い。

とりあえずグルテンフリーを考えているなら小麦製品をやめれば良いだけなのだが、パンや麺類などの小麦を代表する食品以外にも小麦は様々な食品に使われている。

グルテンを含む主な食品>

  • パン・麺類:パン、ピザ、ハンバーガー、パスタ、うどん、そうめん、そば(10割を除く)、ラーメンなど
  • 菓子類:ケーキ、クッキー、ドーナツ、マフィン、パンケーキ、パイなど
  • その他:お好み焼き、たこ焼き、中華まん、餃子、シュウマイ、ブリトー、フライ、天ぷらなど

 上記の代表的な小麦食品の他に、

カレーやシチューのルー、サラダドレッシング、醤油、モルトビネガー、スープ、ビール、ウォッカ、ライ麦オートミールオートミール自体にはグルテンは含まれないが、多くは小麦を扱う工場で生産されているため)、加工の仕方によってはフライドポテト、加工肉や加工魚、シャンプーや化粧品、薬までに含まれているのである!この他着色料や添加物にも含まれているグルテン。私はグルテンフリーになって食品表示を見ることの大切さも学んだ。例えばドレッシングでも小麦が使われているのと使われていないのがある。ポテトチップスにしても味によってはグルテンが含まれるものがある。グルテンフリーダイエットは、とにかく食品を知り、自分の目で確認することが重要だ。

*ここでは挙げきれなかったグルテンを含む食品はまだまだあります。

レギンスは下着?それともオシャレ着??

話題

今日のニュースにアメリカのユナイテッッド航空がレギンスを着用した十代の少女2人の搭乗を拒否したニュースが出ていた。記事を読んでみると彼女らは通常の搭乗客ではなく、いわゆるバディーパス(航空会社社員、その家族または友人向けの優待制度)を利用しての搭乗だったようで、この場合は服装規則が定められている。レギンスに限らずジーンズとかもダメだったはず。(航空会社によるかもしれない。)「なぜレギンスで搭乗拒否になるのか?」と思われた方も多いのではないだろうか。日本でレギンスといえばチュニックなどの下に履いたり、ショーツやスカートの下に履いたりするのが一般的だと思うのだが、ここでいうレギンスは上に何も履かず、本当にレギンス一枚なのである。要するにスパッツだけ。アメリカやカナダではこのレギンスいっちょが今とても流行っているのだ。

実はこのレギンスについては、ハット家でもよく話題に上る。オンタリオにいた時もノバスコシアに越してきてからも、レギンスを履いて街中を歩く女性をよく見かける。たまに見かけるのではなく、出かけると必ず10人程は見かける高確率だ。注意して歩いていればもっといるだろう。真冬の氷点下20度近くてもレギンス一枚にブーツで歩いているから驚きだ。レギンスの多くは黒のものが多く、ハット家ではレギンスを履いている女性を「ブラックタイツ」と呼ぶようになった(笑)レギンスの中には太ももの外側やふくらはぎの辺りがメッシュになっているタイプもあり、素肌が透けて見える。お尻を隠す丈のシャツやセーターを着てくれたらいいものの、お尻丸出しでレギンス一枚で歩いているので正直同性の私でも目のやり場に困る。レギンスの特性上、お尻、太もも、ふくらはぎのラインが強調されるのだ。超肥満体のおばちゃんからガリガリの女の子まで、履いている人の年齢と体型は様々。もうここまでくれば今流行りのファッションと言っても過言ではないだろう。

ニュースの記事に戻るが、これを読んだ日本人のコメントを見ていると、「恥ずかしい」「レギンスだけで出かける勇気は無い」「下品」とかあまり良いイメージは無いようで、ハット家と同じ意見の方が多いことにホッとした。やはりレギンス=下着というイメージがまだまだ日本では強いようだ。私と夫の意見は多くの日本人と同じだと知ってホッとした反面、レギンス愛用者の娘がいることに矛盾を感じてしまう。あくまでもレギンス反対派なので娘がレギンスを欲しがっていても買い与えなかったのだが、ある日友人からプレゼントとしてもらって帰ってきた(涙)娘がブラックタイツの仲間入りしてしまったことを悲しむも、これがティーンエイジャーの娘を持つということなのだろう。レギンスを履く時はなるべく長い丈の服を着るように言い、教会やディナーにお呼ばれした時はカジュアルすぎるので着用しないよう説明し納得してくれたようだ。(今のところ。)恐るべしレギンスの影響力?一体いつまで続くのだろうか?日本でも流行る日は来るのだろうか?

Canada Child Benefit 申請から支給までの長〜い道のり

カナダ情報編

カナダのお役所関係はスローである。どのくらいスローかと言うと、日本でいう児童手当の支給に半年かかるくらいスローである。

カナダの児童手当はCanada Child Benefit (CCB)と呼ばれ、通常申請後80日以内にCRA(カナダ歳入庁。日本の国税庁に相当する)より支給決定の通知と支給額の詳細が手紙で届く。この時点で、通常申請翌月から支給してくれる日本に比べても遅いのがわかる。私たちの場合実際支給されるまでに半年かかった。しかも代議士の力を借りて半年である。

申請書を送ったのは7月末。その2ヶ月後に手紙が届き、私のソーシャルセキュリティーナンバー、パスポートとビザのコピーを送るよう指示があった。最初に送った申請書にソーシャルセキュリティーナンバーを記載する欄があったので、私はまだ取得していない旨とその理由を書いて送ったのだが... とりあえずもう一度その旨を記し、パスポートとビザのコピーを送付した。これが9月半ば。実はこの頃ちょうどオンタリオ州からノバスコシア州に引越しをしたため、CRAからの手紙は義父の家に届いていた。義父から手紙の内容を知らせてもらっていたので、上記をすぐCRAに送ったのだが、届いた手紙も一緒に返送するよう記載されていたため、オンタリオの義父からこの手紙を送ってもらい念のためもう一度私のパスポートとビザのコピーを入れて送り返した。なので同じ書類を2度送ったことになる。この後待つこと2ヶ月。この時点で4ヶ月経過。待てど暮らせど連絡がない。CRAに電話をするも自動音声のままでオペレーターに繋がらないか、オペレーターを呼び出すも30分以上待っても繋がらない。何度かけてもこんなのばかりで苛立ちはマックスに(怒)ちょうどそのちょっと前に出会った人(国際結婚されている)が奥さんのビザ取得にあまりに時間がかかるので代議士の助けを借りたと言っていたことを思い出した。夫に町の代議士に電話してもらい、代議士のCRAチームが介入してくれることになった。

代議士のCRAチームによると未だCCBが支給されていない理由は、私のパスポートとビザのコピーが届いていないからだという。いやいや2回も同じもの送ったし、と説明するも「あ〜カナダの郵便局は郵便物を失くすので有名だから〜」なんて呑気にヘラヘラ笑っていた(怒)2通とも届いていないなんて信じられないが、届いていないと言うので仕方がない。今度は代議士の秘書を介してメールで送ってもらうことになった。代議士が介入して2ヶ月後(それでも2ヶ月かかるところがカナダらしい)やっと支給額が決定し、翌週の支給日に支払いが開始すると連絡があった。実際申請してから銀行口座に支払われるまでの期間=半年。

ホッとしたのも束の間、支給額を聞いてあれっ?少ない??予期していた支給額より遥かに少ないのである。実は申請書にこちらの勘違いで税込年収を記入してしまったのだ。CRAは昨年度の所得によって支給額を決定する。昨年度はまだ日本にいたので夫と私の日本の所得を記入したのだが、誤って年収を記入していた私(涙)そのせいで支給額が思ったより少なかったのだが、これをまた説明し、もう一度審査してもらうのに更に2ヶ月。しかも今回は日本での収入を証明するように言われた。昨年度の確定申告書のコピーを持っていたのでそれを提出したがまだ返答はない。CRAチームによると問題はなさそうなので、そのうち支給してくれるのだろうがやはり遅いなー。今回はこちらの手落ちなのであまり文句は言えないのだが...

カナダに来てからカナダの文句ばかり言っている気がする私。(ゴメンなさい。)でもこのCCBだけは本当にありがたい。たかが児童手当と侮るなかれ!カナダのCCBは子供の人数と年齢、親の所得にもよるが日本よりとっても支給率が良いのである。詳しいことは次回書きたいと思うのでCCBに興味のある方は読んでみてください!

カナダ 永住権申請 2016年12月以降の変更点

永住権・ビザ・パスポート

永住権申請が面倒だということは聞いていたが、本当に手間がかかる。申請準備はもちろん、申請してからも長い。しかし申請自体はある程度英語ができる方なら自分でも十分できる、ということを実際申請してみて思った。私の場合カナダにはビジターで入国し、カナダ国内から申請した。だがカナダ政府はその年の12月に配偶者のスポンサーシップが12ヶ月以内に完了するよう審査期間を短縮すると発表した。以下は2016年12月以前と以後の変更点らしい。簡素化したらしいが、新しい申請キットにザッと目を通した感じ相変わらず面倒くさいし、申請用紙の種類は減ったかもしれないがその分ページ数が増えた気がするので大して有難い変更点もない。

f:id:hatter4:20170316020258j:plain

余談になるが、日本の永住許可申請と比べてみた。

6〜7年前、夫が日本で永住許可申請をした時は、たったの2ページの申請書と手数料も1万円しなかった気がする。必要書類も夫のパスポートや在留カード、私の戸籍謄本や住民票くらいだった。夫が永住許可取得するまで3ヶ月と短かったし、まあ日本とカナダでは審査する数が比較にならないので期間に関しては仕方がないのだが。

 

f:id:hatter4:20170316022842j:plain

上の写真は私の申請書類一式。夫の永住許可申請書との差は歴然!手数料も10倍以上(涙)

私は申請前に同じ永住権申請された方のブログなどを参考にさせてもらっていたのだが、私が申請した時には海外からの申請か、カナダ国内からの申請かの2通りしかなく、いわゆるカナダからの国外申請というものはなかった。現在海外からの申請も、カナダ国内からの申請もセクションは違うがどちらもミシサガに送るようになっている。

もう1つ変更した点は、Police Certificate(犯罪経歴証明書)についてである。私が申請した時は日本の警察から1通、あと18歳以降、確か6ヶ月以上住んだことのある国からも1通必要だった。新しいガイドラインを見ると、まずPolice Certificateは申請書類一式と一緒に送る必要がなくなり、IRCC (CICからいつの間にか名前が変更)から連絡があった時点で送付するよう変更になった。その際は、1)The country where you currently live, if you have lived there for six months or more - 現在住んでいる国から1通(6ヶ月以上その国に住んでいる場合)2)The country where you have spent most of your adult life since the age of 18 - 18歳以降の大半を過ごした国から1通取得して提出することになっている。私の場合、18-21歳までをアメリカで過ごしたので、FBIから約3ヶ月かけてアメリカでの犯罪経歴証明書を取り寄せた。が、18歳以降のほとんどは日本で過ごしているので新しいガイドラインに従えばFBIからの犯罪経歴証明書は必要なく、日本のだけで良かったことになるはず。

私のように2016年後半に申請した方は、もう少し待てばひと手間省けたこともいくつかあったのに...こればかりは仕方がない。

ハット家の場合申請してからもうすぐ7ヶ月になるが、5ヶ月前に申請書一式を受け取ったというメール以来音沙汰がない。オンラインで審査状況をちょくちょく調べてみるも、進展ゼロ。確かにカナダ国内からの審査期間は26ヶ月となっているので、7ヶ月じゃ進展なんてないのかもしれない。全てがとんでもなくスローなカナダにはちょっと辟易するが、進展があればここで報告していくので興味のある方は数ヶ月後にまた寄ってみてください(笑)