読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣のハットさん!

ニッポンらぶなハット家のお騒がせ奮闘記 in Canada!!

知っててもあまり役に立たないカナダ豆知識

カナダ情報編

日本からも毎年多くの旅行者が訪れるカナダ。10のプロヴィンス(州)と3つのテリトリー(準州)で構成されており、西海岸は太平洋、東海岸は大西洋、カナダ北部は北極海ハドソン湾、ラブラドル海に面している。世界で2番目に大きい国で、移民受け入れの歴史も長いだけあって文化や習慣はとても多種多様なカナダ。そんなカナダの知っててもあまり役に立たないトリビアを今日は紹介したいと思う。

 

1)カナダを東西に横断する高速道路、トランスカナダハイウェイは世界で一番長い高速道路で距離にして7,821kmある。

2)カナダとアメリカの国境は世界で一番長い防御のない国境として知られ、その長さは8,892kmある。

3)その広大さは西海岸ー東海岸間より、東海岸ー英国間の距離の方が近いほど。

4)ケベック州ケベックシティーの年間降雪量は約3.5mである。

5)アルバータ州のバッドランドは世界で最も恐竜の化石が見つかっている場所。

6)くまのプーさんウィニー ザ プー)はカナダの黒くまがモデルとなっており、マニトバ州ウィニペグ(短縮してウィニー)が名前の由来。

7)世界の3分の1のフレンチフライ(フライドポテト)はニューブランズウィック州フロレンスビルを拠点としたマッケインフーズで生産されている。

8)ヌナブト準州アラートは永住人口がある世界最北端の町で、永住人口は5人。

9)オンタリオ州はカナダで2番目に大きい州なのだが、その大きさは約415,000㎢でフランスとスペインを合わせたより大きい。

最後はやはりハット家が住むノバスコシア州についての豆知識!

10)ノバスコシア州のマイナス湾は世界で一番潮の干満差が大きく、その差はなんと15mと言われている。潮の干満は水の中で巨大なクジラが跳ね回っているからだ、というこの地の先住民ミクマク族の言い伝えもある。日中は海底が丸見えで歩くこともできるのに、夕方になるとどんどん海水が入ってきて何とも不思議な感じです。

以上、知っててもあまり役に立たないカナダ豆知識いかがでしたか?これからもカナダの面白い雑学など載せていきたいと思います。